うつ病ではがん保険加入は難しい

がんと言えば不安やストレスを貯めすぎると良くないというイメージを多くの人が持っているかと思いますが、実は精神系の病気にとっても同じことが言えます。今、精神系の病気の患者数は大変多くなっています。ということは、がんの発病の可能性も大きいということになります。では、そんなときのためにがん保険に加入したいと思うのが普通ですよね。しかし残念ながら、例えばうつ病などの治療中であればがん保険に加入することは大変難しくなっています。仮に加入できたとしても、保障の内容はそれほど良いものではないでしょう。精神を病んでいれば働くことも困難になります。患者がもっと安心して治療できる環境が必要なのではないでしょうか。

うつ病患者も年々増加傾向にあり自分自身、もしくは周囲に少なからず患者の方がいたり、話しを聞くのではないのでしょうか。私自身もやはり職場関係ではよく耳にします。もはやいつ自分自身がなるのか、大事な家族がなるのか分かりません。症状にもよるかもしれませんが、時には社会から脱しなければいけません。もし一家の大黒柱が患い、社会から外れ収入がなくなる場合もあるかもしれません。がん保険のように何か備えがあってもいいのではないかと考えます。がん保険も「まだ大丈夫だろう」と保障を見直し外した直後、がんになってしまったと言う話しも聞きます。いつ自分自身、家族に何が起こるかわかりません。おこる確率はかなり低いのでしょうが、いざという時に備えたいものです。

© Copyright 精神病は保険加入が困難. All rights reserved.